愛執染着


1 パリジャン

朝、布団の隙間から吹き込んでくる冷めた空気が、皮膚の上をぴりぴりと通っていくので目が覚めた。南向きに切り取られた窓の向こうでは、朝靄で太陽の光がぼんやりとしか映らない。その中から、朝練なのか、もう学校へ行く子どもの声や、玄関を掃くおばさんの声がはっきり聞こえる。正直うるさい。せっかくの朝の情景が台無しだ。

それをかき消すように、大きな音を立ててベッドから起き上がった。壁にかけてある制服に目をやる。スカートのプリーツが腰の部分で皺になってしまっているのが目に付いた。学校へ行く前にアイロンをかけなくちゃ。生徒指導の先生たちが玄関にでも立っていたら、後々うるさくなる。あいつらの視力はいったいいくつだよ。もうすぐ老眼のくせに、そんなとこばっか衰えをしらないらしい。あとは性欲くらいか。教師の目が体の輪郭を追っていることに、あたしたちが気づいていないとでも思ってるのだろうか。

でも、あたしたちは訴える手段も場所もない。そんなことをしても得しないことはわかっている。あたしたちの武器は若い笑顔と、無邪気な甘えだ。そして程よい知性。バカっぽいことが大事で、ホントのバカではどうしようもない。

「杏奈ちゃん、起きたの?」

リビングから母親の声がしたので、はーいと返事をしてすぐに降りた。今日の朝ごはんはパリジャン。以前「フランスパンとパリジャンはどう違うのか」と母親に訊いたら、
「パリジャンの方がおいしいじゃない。フランスパンなんてダメよ」
と言っていたが、どっちもおいしいと思う。母親だってどっちの方がうまいかなんてわかってないのだ。だって前におつかいでパリジャンを頼まれたとき、細めのフランスパンをこっそり買ってったのにわかってなかった。そういう女なのだ。

パリジャンを齧ると、外がパリパリして中がふんわりと口の中で溶けていった。まわりばかり硬くて、中はスカスカ。こんなもんか、と思ってミルクを飲み干す。母親はあたしの一連の動作を、前に座って逐一見ていた。

少し早いけど、学校へ行こうと思って立ち上がると、リビングのドアが開いて父親が入ってきた。
[PR]
by you-lily | 2005-12-03 01:13 | 本体

<< ミルクティー      素っ裸 >>

「あいしゅうぜんちゃく」小説ですよ。日記っぽいけど。
by you-lily
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 20:23
おうえんしているよ!! ..
by たま at 00:24
ブログ開設おめでとうござ..
by みんなのプロフィール at 14:05
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧